スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Post by スポンサードリンク|-|-
阪神淡路大震災

現在過去

いろんなものこと

動き重なり

未来もまた

同じように

せまりくる

 

処理しきれないでいても

気づかないのが本当なのかとも

思えてしまうが

 

わすれまい

あれから22年

 

 

 

Post by フライマンスマシガオcomments(0)trackbacks(0)




少し前

 

新緑の渓流へ

いつもと変わらぬ景は

急速になまった脳みそと体を

いとも変わらず迎えてくれるけど

いつものようにいつもなりに

つれない釣りで充分なんですが

つかずはなれないでいて つれなすぎるあの渓魚に

いささかむきになるのも 手を焼くもので

そのもっと上で翻弄されるのに心地よくなると

姿も見たくなるというのが人情です



ちょっと危ない転び方を三度程繰り返し

こころもちも足もポキポキに折れかけ

日暮れの時間にふと我に返ると

今さっきまでの流れの音が一層大きく感じると

少し張り詰めた空気が緩む瞬間なのか

それはこれは心地の良い瞬間で



ふりかえると

チョットした場所にもだんだんとうまくフライが流れはじめ

釣り上がりにもリズムがではじめた頃

吸い込まれたフライに小さなイワナがかかる

大きさ以上のトルクには

かってになまりきった

ロッドのこちらがわに

理屈なく伝わるエネルギーを

教示くれるようで
 











 

 

嬉しかった

 

かわらぬ川の流れと色とらと

 

しばらく居ました

 

 

 

 

 

 



 

Post by フライマンスマシガオcomments(0)trackbacks(0)
震度7は想像以上
熊本の想像以上の震災に、一早く平静に戻ることに祈願します。
 
Post by フライマンスマシガオcomments(0)trackbacks(0)
阪神淡路大震災に

早朝の大揺れ

ベッドのうえ

両手と両足の指で

フトンの四隅を挟んで

飛ぼうと思たわ

神戸の高層マンションに

住んでた左利きのオッチャンの

話す傍らに笑いはあっても

その言葉は今も残り続ける

あれから21年


Post by フライマンスマシガオcomments(0)trackbacks(0)
火の花



僕らが考えるずっと前から

あるのはわかるけど

それでもまた

考える時間になるのよね

この色を見て音を聞くとね

静寂と闇でね.....



 

JUGEMテーマ:JUGEM
 

Post by フライマンスマシガオcomments(0)trackbacks(0)
仲間に入るの…


 

キャンプ場の釣り堀では

はじめてさかなつりを

全身に感じたのか

少し成長した

目を見れました


Post by フライマンスマシガオcomments(0)trackbacks(0)
ミイラトリガ


 



バドミントンの羽根が


葉裏の美しい木に


引っかかる


それを取ろうとした


水入りのペットボトルも


引っ掛かる


それ


を取ろうとして


さらに水入りのペットボトルが


引っ掛かる


大笑いだった


ほっとくと


危ないので


手を変え


品を変え


全てを木枝の間から救い出したら


更なる


笑いと


歓びが


起きた


したっけ


裏葉の美しい木は


事も無げに


涼しげだった


Post by フライマンスマシガオcomments(0)trackbacks(0)
スクラップアンドビルド

 


土木や建築とはかつて

心意気で築かれたものとも聞きます

国や企業や民が

かけねなしに一枚岩になって

成すほどのことが

なくなりつつあるのかとも

思えてなりませんが

次のアイデアに期待して止みません



Post by フライマンスマシガオcomments(0)trackbacks(0)
キャンプの時間


ふるいキャンプ道具ををひっぱりだした

道具を満載し低く沈みこんだ小さな車に乗り込み

冨士山の麓を目指した


キャンプ場に到着後2時間ほどで身の回りを整える

冷たい風 林間の風

慣れぬ作業で 少し汗ばんだ体に通り抜ける

冷え切る前に 火起しと乾杯を済ませ

ランタンに火を入れた


林間のキャンプ場

空を見上げると木々の向こうに

暮れかけた空 夜は雨の予報

雨音を聴きながら 長い夜を過ごすのもいい


炭の火が落ち着くと

5脚の椅子で焚き火台を囲んだ

5月始めの夜は冷える

ホットウィスキーが進み

静かな時間 優しい時間 時折はじける薪  色

空間は会話を膨らませる


一夜明け

近くの遊園地

日本一の山を仰ぎました

Post by フライマンスマシガオcomments(0)trackbacks(0)
サクラサクラ



季節外れの雪
電車の窓越しに
季節外れのコート
マフラーをあきらめた首もとは
寒さが集まる

窓越しの雪は
残り花の桜木にのり
田畑は一面の雪原になりそまる
今日はなんて日か

サムイサムイ 降る雪 積もる雪
サクラサクラ 咲く桜 散る桜

雪桜


Post by フライマンスマシガオcomments(2)trackbacks(0)
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
lanking
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ
green note
ブログパーツUL5 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
LINKS
PROFILE
OTHERS